10月の武蔵小杉道場の昇級審査結果&10月24日(水)武蔵小杉道場

橋本竜今日の道場

1540393018071

押忍

橋本 竜です。

 

◼︎武蔵小杉道場の昇級審査結果

・武蔵小杉道場では、少年部15名、一般部6名が昇級審査を受審し、無事に全員合格となりました。おめでとうございます!!

・先日お知らせした通り、合格者への帯の授与は来週以降を予定しています。楽しみにお待ちください。

 

◼︎10月24日(水)武蔵小杉道場の稽古内容

<幼年クラス>

・10月テーマ:① 元気に気合い入れる、② 諦めずに頑張る

・幼年クラス初の昇級審査受審者4名は無事に全員合格。春入門から6ヶ月よく頑張りました。次の級は型があり受審許可のハードルも格段に上がります。先輩帯として礼法含む基本的な動作を改めて見直しながら日々稽古に励んでいこう。

・新しい動作の基本稽古と移動稽古を行なっていますが集中力がイマイチ。技を覚えることは大切ですが、それ以外の例えば挨拶、話を聞く態度、一生懸命に物事に取組む姿勢などはもっと大切です。特に夏入門組はそこからきちっとできるよう指導していきます。

1540392978268

 

<1-3年生クラス>

・10月テーマ:① 上段ガードを徹底する(継続)、② 蹴りの得意技をつくる

・昇級審査に合格して浮かれているのか態度や動作が宜しくなかったので、かなり厳しく指導。みな審査時に審査員からいくつも指摘されている通り、満点合格したわけではありません。できていないことを自覚し気を引き締めてほしいと思います。

・水曜日はミット多め。突きを何本か行なった後、蹴りの得意技をつくるため長めに時間を取って打込みました。11月 神奈川県大会の出場選手は1ヶ月ないので特に集中して技を磨込み、早期に実戦で使えるよう練習していこう。

1540393018071

 

<4-6年生クラス>

・10月テーマ:① 蹴りの得意技をつくる、② 上段ガードを徹底する

・前クラス同様に水曜日はミット多め。突きを何本か行なった後、蹴りの得意技をつくるため長めに時間を取って打込みました。蹴りの速度、バランス、精度など集中して磨込もう。

・組手は先生が相手になって実施。低学年や体格が劣る子を相手にいつも組手している高学年の子の、攻防速度や心身耐久力が気になっていましたが、やはり大きな課題でした。ライトコンタクトとは言え上段廻蹴りや上段前蹴り、下突きをかなりくらって涙。強くなろう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<一般クラス>

・10月テーマ:① 下段の下地をつくる、② 突きのサバキを身につける

・1名体験で来てくださいました。まずはフルコンタクトよりセミコンタクトでの組手を今後の希望と仰っていましたが、突きの組手は早いステップでバンバン攻撃できていたのでフルコンタクトも十分に向いています。また一緒に稽古できる日を楽しみにお待ちしています。

・溝の口道場から1名出稽古で来てくださいました。約束組手で攻撃役と防御役に分かれて行なった際、武蔵小杉道場生は攻撃役になったのに強い圧力を受けて後退。初級者だけだとこうはなりませんので、みな勉強になりますね。

※撮影しなかったため写真なし。

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...