5月10日(金)武蔵小杉道場「まずは基本をきっちりと」

橋本竜今日の道場

PicsArt_05-10-11.45.12

押忍

橋本 竜です。

 

<1-3年生クラス>

・半数は白帯だったため礼法や基本稽古などいつもより丁寧に分解して実施。入門したばかりの白帯たちを観る時間が増えて相対的に色帯の時間が減ります。言われた課題を覚えて今まで以上に意識して取組むようにしよう。

・組手は約束組手で色帯は受返しとカウンター、白帯は2種類の攻撃と受けを練習後、組手チャレンジを実施。赤チームが多く勝利して勝越しました。白チームは早々に逆転できるよう、組手する本人だけではなくチーム一丸となって応援して組手チャレンジに臨もう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<4-6年生クラス>

・組手は、白帯女子は2種類の攻撃と受け、セミコンタクト全国大会出場選手はセミコンタクト組手の受返しとカウンター、他はフルコンタクト組手の受返しとカウンターを実施。全員一律ではなく、それぞれの目標やレベルに応じて内容を少しずつ変えて行います。

・挨拶の仕方がイマイチ。お辞儀をする前も後もしっかり相手の目を見て挨拶しないと失礼になります。言われなくてもできるようにしてほしいですが、言った直後もできないのは何とかしてほしい。直るまで言いますよー。

PicsArt_05-10-11.44.56

 

<一般クラス>

・基本稽古から細かくチェック。三戦立ちや前屈立ちなど基本的な立ち方から修正事項がたくさんあります。基本→移動→型と繋がっていきますので、まずは基本をきっちり仕上げましょう。基本という意味では、小学生クラスと同様に挨拶の仕方も直す必要があります。

・組手は約束組手で上段蹴りとその受け、サバキを実施。今週は上段廻蹴りのみで行いますので、蹴る方も守る方も上段の高さに慣らしていきましょう。まずは手で迎えに行く動作をやめて腕や肘で受ける意識が大切です。

PicsArt_05-10-11.45.12

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...