6月22日(土)武蔵小杉道場「観察力をもって戦う」

橋本竜今日の道場

PicsArt_06-22-10.51.22

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年年少年中クラス>

・基本稽古、ミット打ちを実施。ミット打ちでは白帯はまず正拳を握って力いっぱい叩いたり、足の裏で思い切り踏みつけることから。細かい技術の話は抜きにして身体をめいっぱい動かすようにします。

・組手は約束組手で実施。防御を練習する際、上手く受けられない子は、まず先生が皆の両腕を持って相手の攻撃を受けるお手本を見せて、その後に自分で受けてみます。自分の身体を思い通りに操縦できるようにしよう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<幼年年長クラス>

・1名体験で来てくださいました。道場に来た直後は緊張して参加を嫌がっていましたが(笑)、まもなく準備運動から参加して、挨拶も気合いも十分にビシッと動作していて素晴らしかったです。入門したらぐんぐん上達する予感。お待ちしています。

・基本稽古、ミット打ちをおこなった後、組手は色帯は自由組手、白帯は約束組手で実施。ミット打ちでは正拳をしっかり握って正面から真っ直ぐ打てるよう一人ひとり修正しながら回りました。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<1-2年生クラス>

・基本、移動、礼法の稽古を実施。色帯たちは諸都合で次クラスに参加するため当クラスは白帯オンリー。同等のスタートラインのため一斉に反復練習しました。まずは大枠の身体の動かし方を覚えよう。

・組手は約束組手で手数を制限して実施。負けん気の強い白帯たちが切磋琢磨がんばっています。入門からまだ数ヶ月内ですが、みな打撃力の伸びは良いし心は強いし感心します。

PicsArt_06-22-10.50.08

 

<3-4年生クラス>

・8級女子のカウンターが素晴らしかった。相手の攻撃と同時に突き→右下段廻蹴り→左上段廻蹴りの高速コンビネーションで技有り!ちょうどその瞬間の写真なのですが、タイミング、スピード、パワー、振分けが絶妙。今おこなっている組手稽古の狙い通りです。

・組手では相手の意図や癖を捉えて有効打、技有りを狙う「観察力」を重視して稽古しています。自分がよく言う「組手=会話である」とはどういうことなのか、武蔵小杉道場生の組手で徐々に表現していきます。

PicsArt_06-22-10.51.22

 

<5-6年生クラス>

・ミット打ちを実施。少人数のため8級女子のミットを久しぶりに先生が持ちましたが、第三者目線でみて感じていたパワーアップを再確認できました。上段蹴りを活かすため突きや下段蹴りの技術、威力向上を図ります。

・組手は約束組手で突きのカウンターを練習後、自由組手を実施。体格差がある場合の戦い方を意識しながら、練習したカウンターを積極的に試しました。カウンターは高度な技術のため組手稽古をコツコツ重ねて修得しよう。

PicsArt_06-22-10.51.49

 

<一般クラス>

・昇級審査を終えて少人数が続いていましたが今回はついにマンツーマン。攻撃力向上のためバーベルやダンベルを使用した上腕三頭筋トレーニングとミット打ち、防御力向上のため腹圧や腹打ち、技術力向上のため自由組手を行いました。

・今回昇級審査で合格されて黄帯になる方々は、今後は約束組手だけではなく自由組手も行います。これまで怪我予防、安全性を最優先に考えて約束組手のみでしたが、帯相応に組手技術や心身を向上するためです。回数はまだ少なめにしますので場数を踏んで慣らしていきましょう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...