6月29日(土)武蔵小杉道場「強敵に立向かう極真魂」

橋本竜今日の道場

PicsArt_07-01-12.00.48

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年年少年中クラス>

・ミット打ちを実施。正拳の握り、当たる箇所、脇の締め、予備動作、間合いなど一人ひとり回って修正しました。まずは基本となる突きを正しく修得しよう。

・組手は約束組手で実施。最近入門した白帯男子は防御の練習をしっかり行わないとボコボコにされるよと警告した通りにボコボコに腹を打たれてしまい・・防御の大切さを理解したと思うので、次回からしっかり練習しよう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<幼年年長クラス>

・1名入門しました!吸収が非常に速い。お話を聴く姿勢もいいし気合いも十分だし、教えればすぐ身体を操れる器用な子です。他の子たちは簡単に抜かれないように!(笑)。これからよろしくね。

・組手は約束組手で実施。手数を制限して技の質を向上できないか試みましたが、年長でも手数のコントロールはまだ難しいようでイマイチ上手くいきませんでした。また他の方法も試してみます。

PicsArt_06-29-10.28.23

 

<1-2年生クラス>

・年長の8級男子が諸都合で小学生クラスに初参加。体格差があるから組手できるか少し心配していましたが、何度吹っ飛ばされても立上り果敢に攻めていました。強敵にも諦めず屈せず立向かう極真魂を、彼は幼くしてもう備えたようです。

・組手で何名か涙を流していました。初級者とは言え色帯はやはり強い。白帯はなるべく白帯同士で組手して少しずつ技術や体力を身につけていきますがたまに先輩帯と組手して、目指す姿や強さを身体で感じてもらいます。

PicsArt_06-29-10.30.08

 

<3-4年生クラス>

・8級男子は最近組手に自信がない、と。前から言っている通り、基本稽古やミット打ちなど一斉に練習している時のちょっとした手抜きがチリツモになって組手に表れています。日々稽古の取組み姿勢を見直すことから行おう。

・ミット打ちを実施。身体の成長と稽古の積重ねが相まって、特に蹴り技に関して打撃力が向上している子が何名も出てきました。入門時から通して観ているとちょっとした変化、成長も発見しやすい。引続きよく観察して指導します。

PicsArt_06-29-10.31.34

 

<5-6年生クラス>

・型稽古を実施。小学生クラスに何名か、型に関心を持ちどんどん修得していく子たちがいます。今回も平安1と太極2が帯相当ですが、平安2と3まで手順を概ね覚えました。新しいことを知る、身につけることを楽しんでいこう。

・補強運動を多めに実施。自分が学生時代の頃はクラブや部活では補強運動は罰ゲームのような扱いで嫌いでした。しかし扱いを変えるだけで楽しい運動の一つとなり多くの子が積極的に取組むということを、道場運営を通じて実感しています。稽古メニューも環境も引続き工夫していきます。

PicsArt_06-29-10.31.52

 

<一般クラス>

・新しい帯の授与。黄帯の方は上級者に向けて技術向上、後輩育成により努めてほしいと思います。オレンジ帯はこれで明確に白帯という後輩ができましたので、技術、人格ともに目標とされる先輩を目指してください。皆おめでとうございます!

・組手は約束組手で実施。先輩後輩で組合せて攻撃と防御を練習後、黄帯以上と中学生はお互いの攻防を行い、オレンジ帯と白帯は引続き攻撃と防御に分かれて行いました。帯に応じた組手を行います。

PicsArt_06-29-10.33.11

PicsArt_06-29-10.33.47

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...