8月3日(土)武蔵小杉道場「好奇心を育て可能性を広げる」

橋本竜今日の道場

PicsArt_08-03-10.05.40

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年年少年中クラス>

・2名体験でいらっしゃいました。途中から後ろに下がって保護者の方とミット打ちなどしていましたが、稽古中は笑顔が多く楽しんでもらえたようです。ぜひ極真空手で心身ともに鍛えましょう。

・ミット打ちを実施。組手での使い勝手を考えて今回も突きと前蹴りを反復練習しました。突きは正拳をしっかり握って力強く、蹴りは相手を吹っ飛ばすイメージで思い切り打込んでいます。

PicsArt_08-03-10.01.54

 

<幼年年長クラス>

・基本稽古は現在練習中の8種類を通しで実施。色帯は概ね覚えたので細部修正を、白帯は中段内受けや手刀鎖骨打ちの両手動作が課題です。

・組手は約束組手で上段ガードを練習後、自由組手を実施。十字受けや肘上げ受けなどスムーズに動作できるよう今後も引続き練習していきます。

PicsArt_08-03-10.02.41

 

<1-2年生クラス>

・夏休みの週末、当クラス初めてのマンツーマン。しかもお手伝いで参加予定だった子だけ(笑)。現在練習中の後廻蹴り、飛び後廻蹴り、胴回し回転蹴りという大技や下突き1,000本などたくさん練習しました。写真だと分かりづらいですが良い感じに飛んで高速に蹴ることができました。

・小学生クラスでは高中低学年いずれも大技を練習する子が出てきました。一撃必殺でかっこいいですが、そのぶん難易度は高いです。時間をかける覚悟をしてたくさん練習して修得を目指そう。

PicsArt_08-03-10.04.39

 

<3-4年生クラス>

・ミット打ちを実施。まず胴回し回転蹴り、飛び上段前蹴り、三日月蹴りなど大技を含む蹴り技に取組みました。すぐ実用化できないことでも、やってみたい・・やってみよう!という好奇心が大切。空手を通じて好奇心を育て可能性を広げることも空手指導者の役割と考えて指導にあたります。

・ミット打ちでは続いて下突き1,000本おこないました。奇数の日は希望者が交代無しで倍の2,000本おこないますが毎回希望者が多くてジャンケンで決めています。絆創膏とテーピングで皮がむけた拳を保護しつつ皆よく頑張っています。ポジティブな文化ができて良かったなぁ。

PicsArt_08-03-10.05.40

 

<5-6年生クラス>

・クラス開始時刻に1名だったため前クラスの子たちが残ってくれましたが、後から増えて結果5名(笑)。高学年クラスは参加曜日が分散して少数になりやすいため低学年クラスのように大人数になる前に、今いる子たちを細かーく指導して育てます。

・ミット打ちを実施。各自任意の蹴り技と、下突き1,000本おこないました。蹴り技は上手くいったりいかなかったりしつつ時間いっぱい楽しくやり切りました。下突きは絆創膏とテーピングをして痛い痛い言いながら、楽しそうに取組んでいました(笑)。

PicsArt_08-03-10.06.14

 

<一般クラス>

・ミット打ちを実施。各自任意の蹴り技と、下突き1,000本おこないました。黄帯がおらず初級者のみでしたが、最後まで集中してきっちりやり切りました。色帯は白帯に気迫で負けないよう、返事も気合いもしっかり声を出して取組みましょう。

・組手は約束組手でクイック、突き下段蹴りのサバキを練習後、自由組手を実施。10級の方が以前より軽やかにステップを踏んで、サバキを活かした素早い攻撃と防御をするようになりました。入門半年くらい経って一回り強くなりましたね。

PicsArt_08-03-10.06.25

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...