8月26日(月)武蔵小杉道場「ピアニスト清塚信也さんから学ぶ」

橋本竜今日の道場

PicsArt_08-27-08.46.19

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年クラス>

・休み明けのためかいつもの平日に比べてだいぶ人数多め。エンジン全開の子、あまり気分が乗らない子など様々でしたが、10月 昇級審査に向けた各自課題にそれぞれ一生懸命に取組みました。

・基本、移動、型、礼法の稽古と補強運動を実施。全体感として色帯は基本から型まで良い進捗、白帯は基本は良いですが移動と礼法はバッチリ覚える気で練習しないと10月受審は危うい。受審するしないは任せるとして、受審できるレベルまで修得を頑張ろう。

PicsArt_08-27-08.44.11

 

<1-3年生クラス>

・型稽古を実施。10月 昇級審査と11月 神奈川県大会に向けて各自課題型に取組みました。まず手順を覚え、次に一つひとつ動作の力強さ、そして手足1挙動の正確さや間の取り方などを意識して反復練習します。

・組手は約束組手で上段ガードを練習後、グループ分けして自由組手を実施。上段ガードは先輩後輩で組んでお互い練習になるよう加減に気をつけながら行いました。

PicsArt_08-27-08.44.49

 

<4-6年生クラス>

・補強運動多めに実施。道場内でダッシュ、体幹トレーニングなどチーム分けしてたくさん行いました。体力や体幹などは組手の基礎となる大切な力ですので、引続き鍛錬していこう。

・型稽古を実施。10月 昇級審査と11月 神奈川県大会に向けて各自課題型に取組みました。手順や力強さはなかなか良いので、手足1挙動の正確さや間の取り方、上体の揺れなど細かな部分を修正していきます。

PicsArt_08-27-08.45.37

 

<一般クラス>

・型稽古を実施。10月 昇級審査に向けて各自課題型に取組みました。手順を覚えている段階の方がほとんどですので、あと1ヶ月でバッチリにして9月下旬から細部修正に入りたいですね。

・有名ピアニスト清塚信也さん「音が聴こえないくらいの捨てる音も必要」と。空手で言えば強弱や緩急のような意味合いでしたが「捨てる」という極端な表現が自分にはスッと入りました。本命の一撃を与えるために「捨てる技」も使えるよう工夫します。

PicsArt_08-27-08.46.19

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...