9月14日(土)武蔵小杉道場「お手本となる姿は昇級の必須条件の一つ」

橋本竜今日の道場

PicsArt_09-14-10.26.29

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年年少年中クラス>

・基本稽古を速やかに済ませて早々に約束組手で下段から上段まで各蹴り技と突きの防御を練習。いつもより長く時間を取って練習したため守り方が少し分かったかなと思います。お休みの間に忘れないように、ね。

・号令に合せて攻撃し防御するよう進めました。今から何をやるのか?自分は攻撃役なのか防御役なのか?など先生のお話をちゃんと聴いて取組めるようになろう。

※撮影しなかったため写真なし。

 

<幼年年長クラス>

・基本稽古を速やかに済ませて早々に約束組手で下段から上段まで各蹴り技と突きの防御を練習。年長にもなると下段廻蹴りを強めに蹴ることができるようになり、効かされたり転ばされないよう脛受けがより大切になってきました。

・お返事も気合いも、みな大きな声でできます。万が一の時には大きな声で助けを呼び危険から身を守れるよう、空手を通じて訓練しておこう。

PicsArt_09-14-10.24.20

PicsArt_09-14-10.25.16

 

<1-2年生クラス>

・1名体験でいらっしゃいました。入門から2ヶ月、6ヶ月、1年4ヶ月の同学年の子たちとミット打ちや組手稽古をして楽しんでくれたようです。またお会いできることを楽しみにお待ちしています。

・入門から2ヶ月経った白帯男子は開脚ストレッチが好きで自宅でもおこなっているそうです。やった分だけ目に見えて柔らかくなるからでしょう。どんなことでも小さな成功体験を積重ねることが、物事を長く続ける秘訣ですね。

PicsArt_09-14-10.26.09

 

<3-4年生クラス>

・ミット打ちを実施。下突き1,000本おこないました。今回の打込みで7級男子は累計20,000本、7級女子は10,000本達成!小学生クラスでは合計3名が10,000本完了しました。突きを武器にして接近戦に強くなろう。

・最近、稽古終盤の組手稽古の準備に物凄い時間をかけて組手をほとんどやらない子たちがいます。力量に合せてグループ分けしていますし組手クラスにも参加しているので組手嫌いということではなく単なる疲れのようですが・・いずれにせよ素早い行動や積極的な取組み、つまり『「お手本となる姿」は昇級の必須条件の一つ』と考えていますので、それなくして受審許可はあり得ません。最後まで一生懸命に稽古している子や今後昇級していく子と差が広がる前に、自分自身のために見直そう。

PicsArt_09-14-10.26.29

 

<5-6年生クラス>

・ミット打ちを実施。下突き1,000本おこないました。当クラスは全体的に打込みのフォームが安定し力強く、質の高い打込みになっていると感じています。この調子で継続して上達しよう。

・9日後の神奈川県大会出場選手がいるため、組手は試合時間に合せて組立てを考えながら行いました。試合運びも技術的にもとても良い状態です。残り僅か、この調子でいこう。

PicsArt_09-14-10.26.48

 

<一般クラス>

・1名入門しました!ミット打ちで突きと下段廻蹴りを受けてみましたが、体重が乗った良い打込みができました。身体使いが上手いため稽古すればどんどん上達されると思います。これから末永く宜しくお願いします。

・組手は約束組手で下段蹴りの受けを練習後、自由組手を実施。9日後の神奈川県大会出場選手は素晴らしい仕上がりです。技有りを取った成功体験を大切に、いつでも再現できるようギリギリまで余念なく準備していきましょう。

PicsArt_09-14-10.27.00

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...