11月27日(水)武蔵小杉道場「先輩から学ぶ」

橋本竜今日の道場

PicsArt_11-29-06.20.50

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年クラス>

・移動稽古を実施。次回昇級審査に向けて新しい動作を練習しました。前回稽古の時、待ち時間にお喋りばかりしていた子たちも静かに待つことができました。他の級、特に先輩帯の練習内容は近い将来に皆もやるから、しっかり見取り稽古しよう。

・組手は約束組手で突き蹴りコンビネーション、受返しを練習後、自由組手を実施。力量、希望に合せて2グループに分けました。それでも効かされてしまうことはあるけど、耐えられる強い心身をつくるべく乗越えていこう。

PicsArt_11-29-06.18.20

 

<1-3年生クラス>

・移動、型の稽古を実施。多くの小学生は見取り稽古できているため、新しい動作に着手してもスムーズです。先輩たちが指摘されてきたこと、頑張ってきたことを思い出し修得できるよう稽古に励むこと。

・組手は約束組手で突き蹴りコンビネーション、受返し、カウンターを練習後、自由組手を実施。約束組手は後輩が先輩から学んでもらうため先輩後輩でペアになるよう回しています。

PicsArt_11-29-06.20.50

 

<4-6年生クラス>

・短時間高強度のサーキットトレーニングとミット打ちを実施。回転力、手数、筋持久力が課題のため、2月 神奈川県大会にはある程度の成果が出せるよう時間を掛けて対策します。

・組手はセミコンタクトで、約束組手で踏込んでの刻み突き、刻み突きからのコンビネーションを練習後、自由組手を実施。思い切りの良さと明確な残心も競技面で大切な要素、技術ですので反復練習して身につけよう。

PicsArt_11-29-06.22.29

 

<一般クラス>

・ミット打ちを実施。突き蹴りコンビネーションの技術を向上すべく、持ち手が突きや蹴りの技種、回数を指示する形式で行いました。持ち手の技術も必要なので、6名以下の時は取入れていこうと思います。

・組手は約束組手で突きや下段蹴りの受け捌きを練習後、中級者は自分と自由組手を実施。致命傷になり得る打撃を何度ももらわないよう、受け捌くのか外すのか対策しましょう。

PicsArt_11-29-06.24.13

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...