1月20日(月)武蔵小杉道場「昇級審査に向けて」

橋本竜今日の道場

PicsArt_01-21-12.53.11

押忍

橋本 竜です。

 

<幼年クラス>

・昇級審査事前チェックを実施。今回は8級2名を受審許可しました。その他7級は引続き現在級までの磨込みと新しい動作の修得を、8級は移動と型の課題動作の修得を、10級は型の手順を覚えること、白帯は立ち方と礼法に加えて内2名はしっかりお話を聞けるように。

・先週のブログにも書いた通り幼年、特に年少年中は最初の昇級まで少なくとも半年、その後10→9級に向けた型修得も数ヶ月から半年くらいかかります。小学2年生くらいまで神経経路が急激に成長し運動能力の基礎をつくる大切な時期ですので、あたたかく応援してあげてください。

PicsArt_01-21-12.51.53

 

<1-3年生クラス>

・昇級審査事前チェックを実施。今回は6級1名、8級3名、9級2名、10級2名を受審許可しました。7級は黄帯を締める意識が足りない、10級はもったいない!ちゃんとお話を聞いて、白帯の内1名は立ち方と礼法をあと少し、他3名はまずお話をしっかり聞く姿勢から。

・武蔵小杉道場では黄帯の受審許可を厳しくおこなっています。中級者としての心!例えば返事や気合い、周りへの関心や気配り、組手や型を問わず積極的な取組み。そして技!例えば手順を追うだけではなく力強さや気迫が伴った動作、後輩に説明できるだけの正しい理解。最後に体!例えば中級者以上との組手に耐えうるだけの強さ、健康管理。技や体まですべてを兼ね備えることは難しいけれど、心は持ち方一つで変わるよ。がんばれ!

PicsArt_01-21-12.53.11

 

<4-6年生クラス>

・昇級審査事前チェックを実施。今回は6級2名、8級1名を受審許可しました。受審許可された3名は次の帯を目指して、より高いレベルへの磨込みを引続き頑張ってください。5級は技術の正しい理解と、過去分も忘れずにストックする意識と心掛けが必要だよ。

・武蔵小杉道場では緑帯の受審許可も更に厳しくおこなっています。ここまでくると練習してきた基本、移動、型はたくさんありますが、当然ながら忘れずに後輩指導できるくらいストックしておく必要があります。白帯と一緒に初級の動作から通しておこなっても迷いなくできるように、正しく説明できるように、もし忘れやすいなら自分なりに復習すること。前述した黄帯に求めることに加えて、このような知識や技術の蓄積も重要です。

PicsArt_01-21-12.54.31

 

<一般クラス>

・昇級審査事前チェックを実施。今回は10級1名を受審許可しました。いつも気合いが伴った力強い動作で準備は整いましたが間違えないよう反復練習していきましょう。白帯は入門したばかりですが修得がとても早く順調なのでこの調子で。

・武蔵小杉道場では全クラス通して緑帯、黄帯の受審許可を厳しくおこなっています。細かくはすでに前述した通りです。各自課題を再確認し、取組んでいきましょう。

PicsArt_01-21-12.55.07

 

押忍


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...