夏合宿 2012.7.21~22/鎌倉由比ヶ浜

イベントレポート

7月21~22日(土日)鎌倉由比ガ浜にて川崎溝口支部一般部夏合宿が行われました。

今回のテーマは「合わせ技」。稽古では対人稽古を中心にいくつかの合わせパターンを反復したり、ライトスパーを行いました。

初日三部構成のハードスケジュール、今回中学生で初参加した佐野君、馬場さんからは「飽きた…笑」という言葉が出るほど反復する稽古内容でしたが、皆さん明るく元気に初日を乗り切りました。

おかげで晩御飯の焼肉とビールはいつもよりおいしく感じられたのではないでしょうか(笑)?

鎌倉駅近くでの夕食を経て、お散歩がてら徒歩で宿まで戻ります。部屋に戻った後は小山内初段私物の大山倍達総裁のDVDをみんなで鑑賞しました。実際に動いて話す大山総裁を初めて見る人もおり、面白かったと評判でした。

早朝から集合してハードな稽古でしたので、皆さんグッスリ眠れたのではないでしょうか。
ちなみに自分は翌朝馬場さんの目覚ましで起こされました(馬場さんは爆睡してましたが…笑)。

二日目の朝は浜辺にてフィジカルトレーニング。城ヶ崎公園まで早朝ランニングを行い、公園内で正拳中段突きを行いました。

由比ガ浜に戻ってからはビーチフラッグや部屋別対抗リレーなど、体を動かし盛り上がりました。毎年恒例のピラミッドは5段に挑戦し、最後の最後でやっと成功しました!やはり支部長が中心に入ると安定感が違います。

二日目の稽古は最後の総仕上げ。互いのあわせ技テーマを反復したり、ライトスパーでどれだけ試せるか確認作業が続きました。

極真空手溝の口道場 夏合宿集合写真

そして、稽古終了後にはこの合宿中最も合わせ技が上手くなった人へ『合わせの達人』の称号と共に表彰と記念品の贈呈が行われました。見事選ばれたのは前川恵梨さん!彼女は元々カウンター重視の組手スタイルですが、この合宿を通じてより一層合わせ技に磨きがかかりました。おめでとうございます♪

稽古も無事終了し、午後は自由時間。佐野君、馬場さん、前川さんと進支部長は鎌倉の大仏など観光を、他の大人たちは浜辺へ繰り出しそれぞれ楽しみました。

合宿を終えて、最近の道場では参加したメンバーの組手に変化がみられます。目に見えて上達し、ぞれぞれ合宿を通じて気付きを得たこともあり、組手自体に楽しみが増えたのではないでしょうか。これからの溝の口道場、ますますレベルアップしていきそうな予感です♪

合宿に参加された皆さん、お疲れ様でした。また、この合宿を計画・進行してくださった牧野さん、本橋さん、三浦さんありがとうございました。今年も当支部の夏合宿はお三方のサポート無しではあり得なかったと思います。この場を借りて改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。押忍

 アルバム
夏合宿アルバム(155枚)はコチラ。


« »