総本部冬合宿レポート。本山 愛寿香

本橋正道イベント 道場生紹介

自分は、今回の「総本部冬合宿」に初めて行って来ました。前の日まで「どのくらい寒いのか?」「寒さに耐えられるのか?」などと不安を感じていましたが、やはりすごく寒かったです。朝が一番寒かったです。特に祝詞の時なんて、ずっと正座だったので、終わってから5分くらい歩けなかったです。
この合宿で印象に残った事が3つあります。それは「稽古」「マラソン」「集団生活」です。
「稽古」は松井館長の稽古と早朝稽古が有り、松井館長の稽古は千本突き千本蹴りがきつかったです。去年の稽古納めでやって、稽古始めでもやるのは良かったですが、前蹴りだけではなく、後ろ回し蹴りなどもやったから目が回ってしまいました。早朝稽古は地面が凍っているところがあり、蹴りの時にすべりそうになりました。ランニングの時は寒くて耳が痛くなったりしました。
「マラソン」は8km走ると言われていたのに4kmしか走りませんでした。大人の半分も走っていないので、中学生になったら、もう一度行って22km走ろうと思います。
最後に「集団生活」です。集団生活する機会はあまり無いので良い経験だと思いました。合宿中は、10分前行動と言われていたのでなるべく早く行動するように意識していました。最初は少しおくれてしまったけど、次からはしっかりと行動することができました。また少年部女子4人で仲良くなれたし、大人の方とも親しくなれたかな?と思いました。
今回の合宿に行って、松井館長の言っていた「返事」や「一生懸命にやれ」などの言葉を日々の稽古で思い出してやっていこうと思います。
初めて合宿に行ってきたけれど、この一回で終わらせないで、中学生になるまでの合宿にも欠かさずに行きたいと思います。「22kmマラソン,滝浴びをしっかりとやりきる」という自信をつけて、中学生になってから、また総本部冬合宿に行きたいなーと思います。

本山 愛寿香

とても素晴らしいレポートですね!アスカ、お疲れ様でした! この経験を今後の生活に是非生かしてください。本橋


« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...