支部長・指導員紹介

●支部長

進 裕治(しん ゆうじ)五段

進裕治

1971年7月、宮崎県生まれ。16歳で極真会館宮崎県支部の門を叩く。大学入学での上京を機に城西支部に移り、多くの強豪選手達と過酷な稽古の日々を送る。恵まれた空手センスを存分に生かし、各大会においても輝かしい戦績を収めた。第18回全日本ウェイト制空手道選手権大会中量級で優勝、その年に行われた第2回全世界ウェイト制空手道選手権大会中量級で4位入賞を果たす。2003年8月、松井館長より川崎溝口支部長に任命される。日々の指導を通して健全な青少年の育成をはじめ、極真空手の発展に努める。

進裕治

●宮前平道場責任者

本橋 正道(もとはし まさみち)二段

川崎溝口支部 宮前平道場責任者 本橋正道

昭和43年生まれ、東京都出身、明治大学卒業。溝口道場開設半年後の2004年3月に入門。天性のセンスに加え『努力する才能』を持ち、こつこつと稽古を重ね実力を付けていく。2005年に関東大会で3位に入賞し、その後の勝てない時期を乗り越えて2008年の国際壮年空手道選手権大会で準優勝。翌2009年に優勝し壮年世界チャンピオンに輝く。その後は更に一般男子の部に活躍の場を移し、2010年神奈川県空手道選手権大会で準優勝し、全日本ウェイト制空手道選手権大会に出場した。2012年の関東大会では初戦で左手小指、薬指を粉砕骨折するものの気力で闘い抜き、見事優勝するという根性の持ち主。2010年からは指導員として活躍し、個人に合わせた丁寧なアドバイスと、熱い指導で人気を博している。

極真会館川崎溝口支部 宮前平道場責任者 本橋正道1