第2回国際青少年空手道選手権大会 2006.4.8~9/幕張メッセ

試合レポート

極真空手溝の口道場 国際青少年空手道選手権大会

 千葉の幕張メッセで開催された第2回国際青少年空手道選手権大会に川崎溝口支部よりコンル海渡5級・大和建匠5級・宮腰慶太5級・佐藤大輔5級・馬場勘太5級・小寺祐矢5級・大島直之5級・宮腰七恵5級・相川莉穂5級の9名が出場しました。

 世界各国の強豪選手が出場する大会だけに、ハイレベルな試合の連続でしたが、宮腰七恵5級が8歳9歳の部女子でベスト8に入る健闘を見せました。

 スペシャル・ワンマッチでは第3回世界ウェイト制中量級チャンピオンのアンドリュース・ナカハラ選手対、第36回全日本大会7位の池本理選手の大迫力の試合が見られました。

 毎年の開催が予定されているこの大会。少年部選手達のまた来年の活躍が楽しみです。


« »