神奈川県空手道選手権大会“横浜カップ” 2010.5.2/横浜文化体育館

試合レポート

極真空手溝の口道場 神奈川県空手道選手権大会“横浜カップ”

 横浜文化体育館にて第2回神奈川県空手道選手権大会“横浜カップ”が行われ、川崎溝口支部から少年部17名と一般部8名が参加しました。

 午前の【チャレンジ】クラスと午後の【選手権】クラスに分けて行われ、【チャレンジ】クラスでは幼年の森大真10級が準優勝、小学5年の野口太雅5級が3位、壮年39歳以下-75kgの元田秀照5級が3位、壮年45歳以上の木村雅彦5級が3位に入賞しました。【チャレンジ】クラスの表彰は優勝者のみなので表彰式には出られませんでしたが、立派な成績でした。

 【選手権】クラスでは小学4年の伊藤達也4級が準優勝。伊藤選手は昨年の“金太郎杯”に続いての入賞で、関東大会や国際大会での活躍が期待されます。壮年45歳以上-75kgでは岩崎経博2級が3位、一般新人戦の石本甲六8級が準優勝しました。


« »