2015全日本高校生空手道選手権大会 2015.6.6〜7/大阪府立体育会館

試合レポート

全日本高校生空手道選手権大会チャンピオン 小寺祐矢

6月6,7日(土日)大阪府立体育館にて全日本ウエイト制,全日本女子ウエイト制,全日本高校生,全日本女子高校生大会が開催されました。川崎溝口支部からは、全日本ウエイト制大会に辨天選手,片野選手が、全日本高校生大会に小寺選手,相馬選手、全日本女子高校生大会に白木選手が出場しました。

日本全国から集まった空手界の猛者達! 各クラス熾烈な戦いが繰り広げられる中、全日本高校生大会に出場した小寺祐矢選手が見事優勝し、全日本高校生チャンピオンに輝きました!

大会初日の第一試合に登場した小寺選手、この大舞台での第一試合、並の人間なら緊張でガチガチになるところですが「これで負けたら一番弱いってことっすよね!それはさすがにダサい」と冗談を飛ばす余裕が…! 試合開始直後から積極的に前に出て打ち合いを挑み、突きからヒザのコンビネーションが効果的に決まり文句無しの判定勝ちで初戦突破!これで勢いに乗ったユウヤ、2回戦は突きと左下段廻し蹴りの連打で圧倒し、2日目の準決勝に駒を進めました!

迎えた準決勝、相手は前日、後ろ蹴りで技有りを奪って勝ち上がって来た強豪選手。試合中何度もその後ろ蹴り等の大技を仕掛けて来ますが、それを冷静に捌き、突きとヒザ蹴りを中心に試合を組み立てます。後半動きが止まってきた相手に対し終始前に出て圧力をかけ続けた小寺選手。3-0 の判定勝ちで決勝戦に進出しました!
その決勝戦前、セコンドから「次の試合、勝つと負けるでは天と地の差が有るぞ。絶対に勝って来い。」との言葉に静かに頷き決勝の舞台に上がった小寺選手。一進一退の攻防の中、延長戦に突入。いつもはここで気持ちが切れてしまう事が有りますが、今回のユウヤは違いました!闘争心むき出しで攻め続け、最後はヒザ蹴りの連打で圧倒し 5-0 の判定勝ち!高校生全日本チャンピオンのビッグタイトルを獲得しました!試合後、まだ実感の湧かないユウヤとは対照的にとても嬉しそうでほっとした表情のお父さん(小寺さん)が印象的でした。(笑)

進師範に「天才」と呼ばれる程の才能を持ちながら、これまでその素質を活かせていなかった(活かそうとしなかった?(笑))小寺祐矢。この優勝を機にさらなる高みを目指してもらいたいです。
今回は久しぶりに強いユウヤを見せてもらいました。ユウヤ、おめでとう〜。でも君の実力はまだまだこんなもんでは無いぞ〜…。

【レポート:本橋正道】


第32回ウェイト制大会

閲覧はコチラから。
第32回全日本ウェイト制空手道選手権大会アルバム


« »