第9回神奈川県空手道選手権大会“横浜カップ” 2017.9.10/横浜文化体育館

試合レポート


神奈川県空手道選手権大会(横浜カップ)の結果です。今大会は参加選手600名以上のマンモス大会!神奈川県のみならず東京や埼玉,静岡県などからも強豪選手が出場するハイレベルな大会です! 今回、川崎溝口支部からは100名近くがエントリーし、優勝者5名を含む14名が入賞!素晴らしい結果を残してくれました!優勝,入賞者は次の通りです。

【優勝】
●登島 ユン(宮前平)小学5年女子-35kgの部
やるか?やられるか?の「ど突き合い上等空手!」技有りの奪い合いを根性で制し横浜カップ初優勝!普段はとても明るい性格で宮前平女子軍団のムードメーカー。
●山崎 マイ(宮前平)小学6年女子+40kgの部
無尽蔵のスタミナを持つ稽古の鬼!厳しい選手稽古でも常に全力投球!類い稀な身体能力と努力を合わせ持つ娘!来年は満を持して関東大会,国際大会に挑む。
●木村 ユウタ(溝ノ口)小学6年男子+40kgの部
ついに覚醒した!戦慄のヒザ小僧!今大会全ての試合で技有りを取り、準決勝以外は全て一本勝ち! 分かっていても貰ってしまう必殺の「左上段膝蹴り」で強豪ひしめく横浜カップを制覇!
●三村 エリヒサ(宮前平)中学1年男子+50kgの部
安定感抜群の盤石の組手で貫禄の横浜カップ2連覇! 組手の強さだけでは無く、試合場での立ち居振る舞いの素晴らしさはオーラさえ感じさせ!観戦していた大人達からは「彼は武道家っぽいね〜!」との声も! 更に精進してさらなる高みを目指せ。
●藤原 将(溝ノ口)45歳〜49歳+75kgの部
走り出したら止まらない重戦車!軽量級選手が多い川崎溝口支部において待望の重量級チャンピオン誕生!今後、重量級でも川崎溝口支部の名前を日本中に響かせてもらいたい!

【準優勝】
●田中 ソウ(溝ノ口)幼年の部
●山本 タカト(宮前平)小学2年男子の部
●獅峯 カナデ(宮前平)小学3年男子の部
●熊田 アユミ(溝ノ口)小学6年女子+40kgの部
●小幡 匡志(溝ノ口)40歳〜44歳-75kgの部

【第3位】
●亀井 カズキ(溝ノ口)幼年の部
●田中 チヒロ(溝ノ口)小学3年女子の部
●三浦 マナ(宮前平)小学6年女子-40kgの部
●森 ハルト(溝ノ口)小学6年男子-40kgの部
2017横浜カップ 川崎溝口支部入賞者

優勝,入賞した選手の皆さん、おめでとうございます。
「勝って驕らず、負けて挫けず」
負けた選手も、今回の敗戦を、これからの稽古にどう活かし次の試合の勝利に繋げるか!が大切です。
また、みんなで頑張りましょう。

選手の皆さん、お疲れ様でした! セコンド,ご父兄の皆様、朝早くからありがとうございました!
審判を引き受けてくださいました青木先生、いつもありがとうございます。


三村くん,熊田さん,藤原さん…、松井館長の横のベストポジションをキープ!


«