支部長・指導員紹介

支部長

進 裕治(しん ゆうじ)五段

 

極真会館神奈川川崎中央支部 支部長 進裕治

1971年7月、宮崎県生まれ。16歳で極真会館宮崎県支部の門を叩く。大学入学での上京を機に城西支部に移り、多くの強豪選手達と稽古の日々を送る。恵まれた空手センスを存分に生かし、各大会においても輝かしい戦績を収めた。第18回全日本ウェイト制空手道選手権大会中量級で優勝、その年に行われた第2回全世界ウェイト制空手道選手権大会中量級で4位入賞を果たす。2003年8月、松井館長より神奈川川崎中央支部長に任命される。日々の指導を通して健全な青少年の育成をはじめ、極真空手の発展に努める。

進裕治

 

宮前平道場責任者

本橋 正道(もとはし まさみち)三段

川崎溝口支部 宮前平道場責任者 本橋正道

昭和43年生まれ、東京都出身、明治大学卒業。溝の口道場開設半年後の2004年3月に入門。天性のセンスに加え『努力する才能』を持ち、こつこつと稽古を重ね実力を付けていく。2005年に関東大会で3位に入賞し、その後の勝てない時期を乗り越えて2008年の国際壮年空手道選手権大会で準優勝。翌2009年に優勝し壮年国際チャンピオンに輝く。その後は更に一般男子の部に活躍の場を移し、2010年神奈川県空手道選手権大会で準優勝し、全日本ウェイト制空手道選手権大会に出場した。2012年の関東大会では初戦で左手小指、薬指を粉砕骨折するものの気力で闘い抜き、見事優勝するという根性の持ち主。2010年からは指導員として活躍し、個人に合わせた丁寧なアドバイスと、熱い指導で人気を博している。

極真会館川崎溝口支部 宮前平道場責任者 本橋正道1

 

武蔵小杉道場責任者

橋本 竜(はしもと りょう)初段

PicsArt_04-12-12.21.01

1983年8月、神奈川県生まれ。15歳で極真会館城南支部に入門。軽量級選手として稽古に励み地区大会等で多数入賞。大学卒業後は空手界から離れて社会人生活を送っていたが、約10年のブランクを経て神奈川川崎中央支部に再入門、身体づくりに着手して1年で20kg増量し重量級選手に転向。2018年に武蔵小杉道場をオープンしてからも現役選手として精力的に試合に出場し、首都圏大会や県大会で優勝する等コツコツ実績を積み、2021全国強化選手錬成試合では第三位入賞。2022年は壮年部35歳以上クラスで世界チャンピオンを目指している。一方、指導者としては武蔵小杉道場オープン初年度から現在まで県大会でチャンピオンやメダリストを累計40名以上輩出し、2022年には全日本チャンピオンが誕生した。現役選手として合理的で熱のある指導で健全な青少年の育成と、世界チャンピオンや第2、第3の全日本チャンピオンを輩出すべく指導に励んでいる。

inCollage_20211226_184255616~2

 

溝の口道場指導員

樫本 大成(かしもと たいせい)初段

極真会館神奈川川崎中央支部 樫本大成指導員

1999年7月生まれ、神奈川県出身。4歳で溝の口道場に入門し、少年部時代はほぼ毎日のように稽古に参加し、リーダー的存在となる。大会にも積極的に参加し、関東大会優勝や国際大会入賞などの実績があり、中学生の時に昇段審査を受審し黒帯を取得。大学生になってからは少年部の指導にも入る。技の動作、身体の使い方の説明が非常に上手く、一人一人に的確なアドバイスを与えるので、樫本を慕ってクラスに参加する道場生も多い。大学を卒業した2022年4月より神奈川川崎中央支部の正指導員として指導を担当している。

『樫本大成指導員からのご挨拶』
幼年部から現在まで学んできたことを活かし、一人一人その人に合った、長所を活かす指導ができるように心がけます。また神奈川川崎中央支部の1番若い指導員として、明るく空手を楽しんでもらえるようにしていきたいです。宜しくお願いいたします。

極真会館神奈川川崎中央支部 指導員 樫本大成